R148

ニュースリリース

著名モータージャーナリストによるコラム連載を開始
事故予防に繋がる運転テクニックや車の最先端技術など最新情報をお届け

2017年12月1日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦 正親)は、12月1日、3名の著名モータージャーナリストによる「専門家コラム」の連載を公式ウェブサイトに公開しました。

新たな「専門家コラム」の連載では、竹岡圭さんが「やさしいドライビング入門」をテーマに、事故予防に繋がる基本的な運転テクニックの見直しや燃費のよい走り方などの予備知識をアドバイスします。また、岡崎五朗さんが「知ってトクする最新クルマ事情」として、電気自動車やエコカーなどの最新情報を、高根英幸さんが「先進!カーテクノロジー講座」として、自動運転や自動ブレーキ、クルーズコントロールなどテクノロジーが急激に進化している車社会の現状と課題をわかりやすく解説していきます。
今後は、ハイビームの正しい使い方や駐車のコツ、あおり運転などの危険運転に遭遇した場合の対処法、コネクテッドカーや水素自動車などの先端技術についてお届けする予定です。当社は専門家によるコラム連載を通して、ドライバーの皆様の安心・安全のカーライフをサポートしてまいります。


【コラム執筆陣プロフィール】

竹岡 圭氏
日本車・輸入車問わずカーライフを女性の視点で発信している。現在はTV出演、ラジオ番組のパーソナリティなどを務める他、MCやレポーター、コメンテーター、イベントでのトークショーなど、多方面で活動中。プロダクション人力舎所属/アンガーマネージメントファシリテーター/日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)副会長/日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員/国際交通安全学会(IATSS)会員

岡崎 五朗氏
フリーランスのモータージャーナリスト。現在は数多くの雑誌やウェブサイトに記事を寄せる。1年間に試乗する車は200台以上。2008年より「岡崎五朗のクルマでいこう!」(テレビ神奈川)のMCを務める。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)理事/日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員/ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員/ワールド・エンジン・オブ・ザ・イヤー選考委員

高根 英幸氏
さまざまな自動車雑誌のほかエンジニア向けのウェブメディアなどに寄稿している。近著に『エコカー技術の最前線』(サイエンス・アイ新書)、『カーメカニズム基礎講座パワートレーン編』(日経BP社)がある。企業の社員ドライバーに対し交通事故低減とマナー向上を目指す講習を行なうショーファーデプトで、チーフインストラクターを務める。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員


(チューリッヒ・インシュアランス・グループについて)
チューリッヒ・インシュアランス・グループは、グローバル市場および各国市場において幅広い商品ラインアップを揃える世界有数の保険グループです。スイスのチューリッヒ市を本拠に1872年に設立され、およそ54,000人の従業員を有し、世界210以上の国と地域で、個人、そして中小企業から大企業までのあらゆる規模の法人およびグローバル企業のお客様に、損害保険および生命保険の商品・サービスを幅広く提供しています。持ち株会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループ社(銘柄コード:ZURN)はスイス証券取引所に上場しており、米国においては、米国預託証券プログラム(銘柄コード:ZURVY)のレベル1に分類され、OTCQXにて店頭取引されています。チューリッヒグループに関する詳しい情報はwww.zurich.comをご覧ください。

メディアからのお問合わせ先:

チューリッヒ保険会社 広報部
電話:03-6832-2160
E-mail:pr@zurich.co.jp

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る