N100

お知らせ

日本最大規模の女性アワード
「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017」で上位入賞

2018年1月10日

チューリッヒ保険会社は、Forbes JAPANが主催する「JAPAN WOMEN AWARD 2017」において「企業部門・規模別(従業員数別)300名以上1,000名未満の部」でトップ10に入賞しました。これまでの当Award全体を通して、損害保険会社としては初めての入賞になります。

「JAPAN WOMEN AWARD 2017」は、意欲ある女性が働きやすい環境づくりを積極的に行っている企業と、自ら道を切り拓き活躍している女性を表彰するアワードとして2016年に発足したものです。Forbesのグローバルな視点に加え、国内企業1000社の人事担当者、人事担当役員および働く個人1000人にアンケートを実施し、アンケートおよび一般投票で選ばれた企業と個人の中から、評議員の審査を経て受賞企業・受賞者を決定しています。

当社は、個人の成長と会社の成長を共に促すため、働き方の選択肢を広げる「FlexWork@Zurich」という制度を進めてきました。これは、週4日まで取得可能な「在宅勤務」や、「フレックスタイム勤務」、「短時間勤務」、「時差勤務」、「時間単位有給休暇」などを含む制度で、社員の柔軟な働き方を推進しています。また、自律的なキャリア開発を支援する「社内公募制度」や、スキルと意識面のサポートを目的とした「Female Talent Program(女性選抜社員育成プログラム)」を積極的に導入するとともに、社員有志によるネットワーク「WIN(Women’s Innovation Network)」でも、ネットワーキングの促進と女性キャリア開発支援に重点を置き、定期的にイベントを開催しています。

さらに、2017年12月18日からは、本社社屋の移転に伴い「アクティビティ・ベースド・ワーキング(ABW: Activity Based Working)」を取り入れました。個々の仕事内容や特性にあわせて、社員が働く場所やデスクを自由に選べるオフィス環境を提供しています。

当社は今後も、社員の可能性と多様性を尊重し、一人ひとりが能力を発揮できる組織づくりに取り組んでまいります。

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る